GIS事業

GIS事業

様々な用途で使用され、身近なものではカーナビゲーションシステムや携帯電話のMAPや位置情報、GoogleMap等も代表的なものと言えます。

一般にGISデータのベースとして、道路や河川、家屋などを表現した地形のデータを利用します。

そこに、目的とするデータ(行政界・人口・鉄道・都市計画・路線価・上下水道・電力・ガス・航空写真など)を重ね合わせて利用します。

前述の出発地と目的地を設定してルート探索をする場合には、全国のつながった道路中央の線データと、一定の道路区間で時間や経費の情報を記載したデータを作成する必要があります。

この場合、全国のつながった道路の線データを「図形データ」、時間や経費の情報を記載したデータを「属性データ」と言います。

図形データは、座標や経緯度を用いて表現しますので、そのデータが地球上のどの位置にあるのかを特定することができます。

属性データは、利用する目的にあった分析を行いやすい形式で作成します。

例えば、刻々と変化する情報の時は、図形データを変更させることなく属性データを容易に更新できるように作成します。

あるエリアを丁目で人口集計するときは、丁目境界データ(図形)と丁目人口データ(属性)を作成し、図形データからエリアを抽出して、抽出された図形データとリンクする属性データの人口を集計します。

GISデータの作成実績があり、多彩な作成経験からご利用目的にあったGISデータをご提案させていただいております。

地理情報システム・データ作成

入力業務全般・現地調査全般

CAD図面データダウンロードサイト